相模原市中央区上溝の鍼灸院 はりきゅう中野屋です。

相模原市中央区のはりきゅう中野屋は逆子治療対応します!

逆子とは妊娠7か月以降、胎児は母体の中で動くものの、頭が下になってい状態が自然です。しかし足が下になり頭が上に位置して安定した状態を逆子と言います。

東洋的な原因としては胎児が母体と陰陽のバランスを保つために頭が下を向いているのが正常ですが、母体の下腹部に冷えや気の滞りなどがあれば、仕方なく上を向いて逆子になります。

逆子のきゅう治療は昔から有名で産科病院や助産院でも取り入れているところもあります。

中央区上溝のはりきゅう中野屋は逆子治療対応します!

逆子とわかったら早期に開始するのが理想的です。胎児が小さいうちは矯正率も高くなりますが、出産予定日が近くなるにつれて矯正率が低くなります。

羊水が少ない場合は胎児が動きにくい、子宮の奇形がある場合、母体が小柄・子宮が固い妊婦さんは胎児が動く空間が狭いなど効果が低い場合もあります。

上記のような条件がなければ、接触鍼で本治法を行い全身の調整を行った後に、足の小指にある至陰穴に透熱灸を行います。ここはツンと熱さを感じるまでやります。三陰交穴は逆に温もりが感じる程度にとどめます。たいていは初診時からお腹で胎動を感じて3~5回くらいで改善することが多いです。

逆子が治ったあとも再び下腹部が冷えないように予防したり、心身のストレスを緩和することで安産になるよう通院をお勧めしています。

はりきゅう中野屋

相模原市中央区上溝2429-1
TEL:042-854-8914【非通知電話は出ません】
受付時間:午前9時~12時、午後2時~7時

日曜日、水曜日は休み