40歳代女性の場合

5年ほど前にもメニエール症候群になったことがあり、当院でめまいや耳鳴りの症状が改善した方でした。

特に前触れもなく起床時から片方の耳がふさがった感じと耳鳴り、めまいが発症した。すぐに以前かかった耳鼻咽喉科を受診した。以前と同じ状態ですね、という説明と内服薬をもらい帰宅した。数日後に当院を受診して、症状は薬によって少し改善した、とのことで鍼灸治療を週一回のペースで行いましょう、と提案しました。

次の来院時に曇った表情で仕事へ行ったら、めまいがひどくなり途中で帰ってきた、また、知人の勧めで別の病院を受診した。そこでは細かく状態を説明してもらい安心したとのこと。

結果的には最初にかかった病院と診断は同じであったようです。仕事は症状の悪化が予想されるのでしばらく休んだ方が良いでしょう、とのアドバイスにより休んでいる。

では鍼灸治療は週二回のペースでやりましょう、詰めて治療することでまずはめまい、耳のふさがりを改善することが期待できます。約2週間後にはめまいはなくなり、耳のふさがり感が軽減してきた、耳鳴りは響く感じが強くなった。その3日後はめまい、ふさがりはなくなり、耳鳴りも軽くなった。2日後に病院で検査入院をする予定なので次の来院は退院後となる。

 

40歳代男性の場合

10年ほど前にメニエール症候群になり、当院の鍼灸治療でめまいが改善したが、耳鳴りと難聴は残ってしまった。

今回、当院を受診する1か月前に良性突発性頭位めまいと診断された。半月仕事を休み仕事に復帰したが、めまいが再発したので仕事を休んでいる。10年前の鍼灸治療を思い出して来院されました。

週二回の鍼灸治療を4回行い、仕事に復帰した。その後は週一回を二回行い、3週後に来院された。症状はめまいは改善し、今回めまいが発症する前の状態(耳鳴りと耳のふさがり)に戻ったので次回は1か月後の予定。

 

※上記の2症例のいずれも問診により、仕事の過労であったり、精神面(心の葛藤)などを抱えていたようです。

40歳代以降であれば職場では責任がより重くなり、家庭では子供の進学、就職、親の介護などそれまでとは違い心身共に負担が重くなることが背景にあるようです。

当院では不安なことや心配事はありますか?とストレートに聞いています。初診の方や内容により言いづらいようであれば、それ以上は聞きません。話せる内容で信頼して心境を吐露される方はより改善しやすいと感じています。

同じような症状でお悩みの方はご連絡お待ちしています!

はりきゅう中野屋

相模原市中央区上溝2429-1
TEL:042-854-8914(予約制)
受付時間:午前9時~12時、午後2時~7時
定休:日曜日・水曜日

ご予約の際は、希望の日時にとれない場合があります。
一人でやっていますのでご面倒おかけしますが、ご協力お願いします!