慢性病治療、更年期の症状でお悩みなら当院の東洋医学を用いた経絡治療をお試しください

こんな方におすすめ

  • HOME »
  • こんな方におすすめ
  • カラダの不調により病院で検査したが異常がない、と言われた。
  • 診断を受けたが治療法が確立されていない。
  • 同時にカラダのあちこちが痛い・しびれる・冷えるなどの不定愁訴。
  • 病院へ行くほどでもない。
  • できれば薬に頼りたくない。
  • どこで、どうやって症状のカイゼンをすれば良いのか?

上記の場合に当院の経絡治療をぜひお試しください。

鍼灸の適応症

WHO(世界保健機構)では、
次に掲げる疾患にはり灸治療が適応であることを認めています。

系統・分類適応疾患の例
神経系神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症
頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等
運動器関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・五十肩・腱鞘炎・腰痛
外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)等
循環器心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器気管支炎・喘息・風邪および予防等
消化器胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多
下痢、便秘)胆嚢炎・肝機能障害・肝炎
胃十二指腸潰瘍・痔疾等
代謝内分秘系バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等
生殖・泌尿器膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大陰萎等
婦人科更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順
冷え性血の道・不妊等
耳鼻咽喉科中耳炎・耳鳴・難聴・メニエ-ル病・鼻出血鼻炎
蓄膿症咽喉頭炎・扁桃腺炎等
眼科眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい等
小児科小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、食欲不振、不眠)
小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎夜尿症 虚弱体質の改善等

※上記のほかにもはりきゅう治療で改善する病気はたくさんあります。

※当院では中高年の女性が最も多いです。

PAGETOP
Copyright © はりきゅう中野屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.