相模原市の慢性病治療が得意な鍼灸院はりきゅう中野屋です。

1月10日に参加したイブニングセミナーの会場、万国橋会議センターから撮影した画像です。正直、こんなロケーションでは集中できまへん(”_”)

今朝のニュースで今年のスギやヒノキの花粉飛来は2月初めだろう、花粉の量は少なかった昨年に比べ2倍程度で平年並みというものでした。

『はりで花粉症治るの?』という疑問は誰しも思うことでしょう。花粉症については過去にも当ブログでコメントしていますが、花粉症に限らず『個人差がある』ことは前提です。改善する人はするし、しない人はしない。改善する人は東洋医学を理解しようとする、画像にあるようなクイーンズスクエアの屋根のように少しずつ改善して少し足踏みしてまたグンと軽減することを実感できる人です。

自然治癒力、免疫力の強化という言葉が鍼灸の重要なキーワードといえます。一足飛びには症状は改善しないということです。

ではいつから始めたらよいのか?という質問はよく受けます。理想は1月初めから週1回通院してあらかじめ花粉の飛来に備える。とはいえ忙しい現代人です。症状の初期、中期、ピークなどのタイミングや症状の強さに応じて無理のない、バランスの良い通院予定・治療計画を提案させていただきます!

右下は屋形船、左の建物は横浜税関、その先に見えるのがベイブリッジです。

更年期症状、更年期障害でお悩みの方はたくさんおられるようです。更年期の肩こりや腰痛、ひざの痛みはもちろん、自律神経失調、皮膚炎、乳腺炎、アトピーなど多様な症状があります。当院の鍼灸は経脈・絡脈の調整に主眼を置いています。症状が出ている患部は必要に応じて対応しますが、主に患部から遠くのツボを使い症状を軽減するのです。

また、【 更年期 】というとイコール更年期障害でその略語だと思っている方が多い印象です。ライフステージにより区分け・形容されるもので小児期・思春期・成熟期・更年期・老年期の一つなのです。女性らしい艶やかさの源であるエストロゲンが徐々に減っていくことにより、精神状態・身体に変動が現れます。

更年期障害により強い症状が出て病院などでHRTをはじめとした治療を受けたが思うように改善しない場合、また更年期症状(更年期障害よりも症状が軽いもの)の改善を目的に来院される方が当院では多いです。

カラダがつらくて寝込むのもありだと思いますが、鍼灸をためしてみませんか?

買い物へ行ったら「ご当地!」と書いてあったので買ってしまいました。秦野(はだの)のお酒でしらささと言えば、白笹うどんや白笹稲荷神社など訪問したことがあるのでとても親近感がわきました。4種の刺し盛と一緒に、あっという間にペロリとおいしくいただきました!(^^)!

はりきゅう中野屋

相模原市中央区上溝2429-1
TEL:042-854-8914(予約制)
受付時間:午前9時~12時、午後2時~7時
定休:日曜日・水曜日